佐久市への移住で申請出来る補助金

移住で気になるのが、住まいに関わる支援制度。長野県や東信地方では、定住促進奨励金や、住宅建築補助、リフォーム支援など、いくつかの支援制度があります。自治体によって制度内容が異なりますので、長野県をはじめ『土地家屋を購入・改修する』時に申請できる佐久市の支援制度について紹介します。(更新:2021年6月12日)

長野県(ながのけん)
移住支援金長野県移住支援金:最大100万円
住宅取得補助環境配慮型住宅助成金
空き家バンク自治体ごと
子育て支援ながの子育て家庭優待パスポート
太陽光発電支援自治体ごと
EV購入支援自治体ごと

長野県と県内市町村では、県内への移住の促進を図るため、東京圏(埼玉県、千葉県、東京都及び神奈川県)、愛知県又は大阪府から移住し、県内で就業又は創業をしようとする方に対し、移住支援金を支給する制度を2020年12月10日よりスタートさせました。

独自の子育て支援では、子育て家庭が買い物などの際にカードを提示すれば、割引など各種サービスを受けられる「ながの子育て家庭優待パスポート事業 」を2010年4月から開始しています。

佐久市(さくし)
移住支援金・新幹線通勤補助:最高30万円/年(最長36カ月)
・移住者及同居する子供:10万円/人
・リモートワーク支援:5万円
・シェアオフィス等利用支援金:月額上限5,000円(最長36カ月)

※令和3年度 長野県UIJターン就業・創業移住支援事業実施
住宅取得補助新築物件:最大40万円
中古物件:最大20万円
空き家バンク:20万円
リフォーム補助最高10万円
空き家バンクあり
子育て支援子育てサロン
太陽光発電支援上限20万円
EV購入支援なし
その他

長野県5番目の10万人口都市の佐久市。1997年に北陸新幹線「佐久平駅」ができてからは、東京圏へのアクセスがよくなり移住者が急増している地域です。移住者への補助は、県内でもトップレベルの充実ぶり。新幹線通勤の補助やリモートワーク支援などのサポートがあります。

成約数が日本トップクラスの空き家バンクも人気が高く、掘り出し物の物件もあるようです。